外貨との金利差で利益を出すこと

こうした外貨を保有している間は、

外貨金利-円金利=手に取ることが出来る年間金利、なので、

豪ドル保有の場合は金利2.4%、南アランド保有の場合金利4.9%で運用することが出来るのです。

このような金利差によって得られる利息をスワップ益といいます。

このスワップ益を狙って長期的にポジションを保有し続けることを、スワップ運用といいます。

ただし、金利が高い通貨は為替変動が起きやすいので注意が必要です。為替差損によってせっかくのスワップ益が失われることがありえるので、どの通貨ペアで取引するかは充分に検討Pしなければなりません。

さきほど、FX初心者の方には取引に慣れるまでは、売りから入ることはお勧めしない申しあげましたが、その理由としては、外貨は基本的に日本の金利よりも高いので、例えば、外貨売り円買いをすることで、日々金利差による損失が発生してしますので、 外貨売りの状態が続くとそれだけで損失が膨らんでしまうことになります。

したがって、スワップ運用を考えている方は、外貨売りはしないことをおすすめします。

いかがでしたか、外国為替市場が特定場所に存在していないことと、スワップ益を狙うなら売りから入らないようにするとかは参考になったのではないかと思います。それにしても、FX取引にも相応の知識が必要なものです、どんどん知識とスキルを身に付けたい方は次のサイトをお勧めします、「IFDO取引はシステムトレードにも負けない」は勉強したい人にはとてもオススメです。

続きを読む

為替差益とスワップ益とは?

FX取引には2つの方法で利益を上げることが出来ます、ちょっとだけ説明させてください。

FXで取引において利益には、為替差益とスワップ益の2つがあります。

為替差益を出すこと

FXで利益を出すための1つ目の方法として、外貨を購入時のレートより高い時に売却する、低いレートで購入してレートが値上がりしたら売却すれば利益がでます。

1ドル=115円のときに米ドル(USD/JPY)を1万通貨を購入し、

1ドル=120円の時に売却すれば5万円の利益が発生します。

このように、例えば、米ドル/円で取引する場合は、

円安に動くことで利益を上げられます。

また、これはFX取引ならではのものですが、ほかの外貨投資と違って、米ドル売りから入ることが出来ます。

この場合は、1ドル=100円で売って95円に円高になれば、利益を出すことになります。

買い売りどちらからでも入ることが出来ますが、FX初心者の方には取引に慣れるまでは、

ドル売りから入ることはお勧めしません。

外貨との金利差で利益を出すこと

2つ目の方法として、為替変動を気にせず(つまり為替差益を意識せず)外貨を保有し続けて、利息で利益を上げる方法です。

日本の政策金利は0.1%と非常に低いので、ほとんどの外貨と交換してもどれも円よりも高い金利がつきます。

現在のオーストラリアドルの金利は2.5%と日本よりも高く、南アフリカランドはなんと5.0%にもなります。

続きを読む

外国為替市場とは?

ニュースとかで為替相場について報道する時に、外為ディーラーが取引している映像が流れますが、どこで行われているかご存知ですか?

外為市場=実在しない仮想市場

ニュースで見ている映像は、FX会社のディーリングルームなのです、その映像が流されているだけで、実は、取引所ではありません。

東京外国為替市場といいますよね、しかし、東京証券取引所のような特定場所は存在してなく、実際は、バーチャルな仮想市場なのです。

通常、銀行などの金融機関同士が取引しているところをインターバンク市場と呼ばれており、このインターバンク市場のことをニュースで外国為替市場と言っているだけなのです。

トレーダーが通貨を売買する場合、ダイレクトにインターバンク市場に参加しているわけではありません、インターバンク市場に参加している金融機関やFX会社と取引することになります。

24時間眠らない外国為替市場

為替市場と株式取引の市場時間は異なります。株式取引の場合、平日の朝9時から11時半、12時半から15時までの間に取引が行われているので、会社勤めのサラリーマンが株式取引に参加するには休暇を取るか(退職するか)、いずれにしても時間的に難しいものがあります。

外国為替市場の場合、日本時間平日の朝5時にニュージーランドのウェリントン市場がオープンすると、土曜日朝7時にニューヨーク市場がクローズするまで24時間休みなく連続で取引が行われます。

ですから、株取引のような時間の縛りがないため、サラリーマンの方でも帰宅後に自分のペースで取引することができます。

逆に言えば、24時間常に為替レートを見張ることはなかなか難しいので、日中仕事中は自動売買注文を上手に使いこなし、帰宅後は自分で取引を行うことが可能です。

続きを読む